私たちのサービス

私たちのサービス

在宅ホスピスサービス事業

訪問看護事業

訪問介護ってなに?

「おうち」で療養し、最期まで暮らし続けることを保証するサービスの中心的役割を担うのが訪問看護事業です。
訪問看護ステーションから、病気や障害を持った方が住み慣れた地域やご家庭で、看護師や療法士等のケアチームが訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、在宅療養生活を支援するサービスです。

訪問介護ってなに?

医療専門職がご自宅に伺います

看護師が中心となるチームで、リハビリの専門資格者である理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などもチームに所属します。
地域包括ケアシステムの一部として役割を担いますが、終末期において医療的ケアのニーズが高まった状況では、在宅診療なども医療機関とのスムーズな連携が必要です。在宅医と協力して患者様やその家族の希望に添い地域包括ケアシステムを最大限利用して安心して「おうち」で暮らし続ける支援をさせていただいております。
当グループの訪問看護ステーションでは、看護小規模多機能やホスピス住宅を同一事業所内に抱え、最期まで責任持って対応できるシステムを研究し構築しています。「自宅=おうち」を効率的にサービスを提供できる場に移すことで在宅療養の可能性をより高めております。

看護師 看護師
看護師

利用者様のご自宅を訪問し、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応します。
また、医師や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。

「病気や障がいがあっても、住み慣れた家で暮らしたい」「人生の最期を自宅で迎えたい」と望まれた時に頼りになるのが訪問看護師です。関係職種と協力しあって、一人ひとりに必要な支援が行います。

看護師のほか、准看護師、保健師、助産師などが対応します。またより専門性の高いスキルや知識を持つ、認定看護師、専門看護師も活躍しております。

理学療法士 (PT)
理学療法士 (PT)

寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作のリハビリを行います。

作業療法士 (OT)
作業療法士 (OT)

身体又は認知機能に障害のある方に対して、基本的能力(運動・認知機能)、応用能力(食事・トイレ等)のリハビリを行います。

言語聴覚士 (ST)
言語聴覚士 (ST)

コミュニケーションや食べることに 障害のある方の言語、聴覚、摂食、嚥下機能 のリハビリを行います。

在宅介護事業

訪問介護事業 ( ヘルパーステーション )

ご利用者さまの自宅を訪れ、身体介護や生活援助など、日常生活のサポートをご提供するサービスです。
主に介護福祉士とヘルパーが対応します。
身体介護サービスとは、トイレ介助、入浴、オムツ交換、体位交換などご利用者さまの体に直接触れて行われるサービスです。
生活援助サービスとは、洗濯、シーツ交換などご利用者さまの日常生活をお手伝いするサービスです。

通所介護事業 ( デイサービス )

日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練等を受けることのできるサービスです。

看護小規模多機能型居宅介護事業(カンタキ)

デイサービス(通い)やショートステイ(泊り)のサービスを中心に、訪問看護と訪問介護サービスを受けることができるサービスです。
訪問看護が一体的サービスとして組み込まれるため医療的ケアの必要な方に適しています。
また地域密着型サービスのため、原則としてお住いの市区町村の施設や介護事業所を利用するようになります。
一体的に各種サービスが提供されることにより、柔軟な対応が可能になるので、医療面においてよりきめ細やかなサービスをご提供できます。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業

一日複数回の「短時間の定期巡回訪問」と、ご利用者様からの通報により応対・訪問を行う「随時訪問・随時対応」とを組み合わせたサービスです。
「必要なタイミング」で「必要な量と内容」のケアを提供することができるサービスです。

ホスピス住宅事業

シェアハウス型ホスピス住宅

ホスピス住宅は、がんや難病など専門的な緩和ケアを必要とする患者さんが集まって住む「おうち」シェアハウスです。
この「おうち」には訪問看護士、訪問療法士、訪問介護士が常駐していて、いつでも看護介護サービスを受けることができる住宅です。
ホスピス住宅は施設ではありません、あくまでも「自宅=おうち」です。
「おうち」とは、自由(自己決定)とコミュニティの中で生きるという「コト」として捉え、医療や福祉先進国である現代の日本に必要な新しい住宅です。

ハウスには24時間365日、看護師が常駐。食事は専任シェフが常駐し3食提供、介護職や医療職に対応。「おうち」として自己決定を尊重します。

シェアハウス型ホスピス住宅

訪問看護サービスとの連携

「おうち」での療養と、「おうち」で最期を迎えたいという国民の願いを叶えるには、訪問看護などの在宅サービスだけでは限界があります。療養者を支える家族は、「おうち」で最期まで頑張るか、限界を認めて療養者を施設や病院へ移すのかという、「0か100」の選択を強いられています。

その様な状況に新たな選択肢を提供するのがホスピス住宅の使命です。訪問看護サービスと連携しながらサービス提供を行ってまいります。

訪問看護サービスとの連携

企画・設計監理業務受託事業

「在宅ホスピスの研究と普及」を掲げる当社には、在宅ホスピスサービスとホスピス住宅の設計のノウハウが蓄積しています。当社のミッションに共感し共有していただける事業者様に、そうしたノウハウをハード面から支援する事業を展開しています。
当社は一級建築士を抱え一級建築士事務所登録をしておリます。

ファミリー・ホスピス鴨宮ハウス

所在地

神奈川県小田原市西酒匂

用途

サービス付き高齢者向け住宅 12戸

規模(定員数)

耐火木造(枠組壁工法)3階建 12戸、デイサービス併設

完成年月日

2014年6月19日

ファミリー・ホスピス鴨宮ハウス ファミリー・ホスピス鴨宮ハウス
ファミリー・ホスピス鴨宮ハウス ファミリー・ホスピス鴨宮ハウス

ファミリー・ホスピス四之宮ハウス

所在地

神奈川県平塚市四之宮

用途

住宅型有料老人ホーム

規模(定員数)

耐火木造2階建 37戸

完成年月日

2017年2月28日

ファミリー・ホスピス四之宮ハウス ファミリー・ホスピス四之宮ハウス
ファミリー・ホスピス四之宮ハウス ファミリー・ホスピス四之宮ハウス