グループ理念

代表挨拶

日本ホスピスグループ理念

すべては笑顔のために

グループ理念

多死時代に対応し在宅ホスピスを推進

超高齢社会への対応に追われる日本、もう一つの大きな課題が多死時代へ対応と考えます。医療の目覚ましい発展によって得られた世界一の長寿は国民の幸福感と共にありません。長寿で得られた時間をどう生きるか、その行く末の「死」とどう向き合えば良いのか、多くの国民には見えていません。「死」は恐れるものではなく人生のゴールと捉えられ、長寿によって得られた時間を楽しんで謳歌できる「笑顔」溢れる社会を目指します。そのために在宅ホスピスの普及を実践し、そのための研究や提言を行います。

おうちが病院

「おうち」と「病院」のいいとこ取り

「おうちが病院」は「おうち」+「病院」のいいとこ取り。「おうち」とは自由(自己決定)とコミュニティの中で生きるということ。自己決定は自己責任と表裏一体であり、自己責任の上だからこそ叶う自己実現があります。コミュニティは、一番身近で最小単位である家族から始まり、親戚、地域、友人、仕事などで繋がる社会の中で生きるということです。「おうちが病院」は「おうち」と「病院」の間ではありません。おうちでも病院でも叶わない自己実現、時間の質、周囲の理解、環境が得られる場所です。

職業家族

家族と同じ覚悟をもったプロフェッショナルであること

私たちは「職業家族」というポジショニングでご本人とご家族を支えます。請負わない、背負わない、家族から剥ぎ取らないというマネジメントです。本人の残存能力、家族の多様な力を活用し、主体者は本人でありその家族です。しかし、核家族が進み家族の介護力が期待できない環境にあり、また活用すべき社会資源は日々変化しているので複雑です。「職業家族」はプロフェッショナルとしてサポートします。

グループ会社

ナースコール株式会社

愛知県

ナースコール株式会社

ナースコールは『在宅ホスピスの研究と普及』活動の会社です。日本は超高齢社会への対応に追われていますが、今後より深刻な問題となるのが『多死の時代』への対応です。年間死亡者数が今より40~50万人増え170 万人の時代を迎えます。終末期を見据えた生き方、死に方、死に場所をどう考え、どう向き合うかが問われています。
がん患者を対象とした緩和ケア病棟(ホスピス病院)の整備は進みましたが、多くの国民が望む”終末期を自宅で療養したい、最期を自宅で迎えたい”に応える『在宅ホスピス』サービスは、欧米に比較すると非常に脆弱です。
住み慣れた家での在宅ホスピス、高齢者住宅に自宅を移しての在宅ホスピスを当社は日本に根付かせたいという思いで研究と普及活動をして行きます。

会社情報を見る

カイロス・アンド・カンパニー株式会社

神奈川県

ナースコール株式会社

超高齢社会の先頭を切る日本における、高齢者が豊かで幸福な生活暮らしが継続可能な社会作りを目指します。高齢者の自立期から介護期そして終末期というステージごとに高齢者のニーズに合った住宅やサービス提供を行います。特に認知症や終末期ケアのプロフェッショナルとして、安心社会の実現を目指します。

会社情報を見る